グルメガイド 宿泊ガイド

Bookmark Send to a friend Travel notebook
Share

 

グルメガイド

エルチェでは文化面だけではなく、地元の多様な食材を使った極上の料理を楽しむことができます。豊かな農園と近くの海が郷土料理の歴史に大きく影響を与えています。代表的な郷土料理はアロス・コン・コストラ(腸詰入りのオーブン焼きパエジャ)です。アロス・コン・コネホ・イ・カラコレス(うさぎ肉とカタツムリのパエジャ)、プチェロ・コン・ペロタス(肉と野菜の煮込み料理)も有名です。ムホル・デ・オンド(ボラの網焼き)のアリオリ添えや近海で捕れる海の幸も人気です。

デザートには地元の果物(ナツメヤシの実、イチジク、ザクロ・・・)やトルターダ・デ・エルチェと呼ばれるイチジクのお菓子がお勧めです。伝統的な飲み物として、カントゥエソの花の蒸留酒、パロマのアニス酒(ヌゴレとしても知られている)やナツメヤシの実のお酒などがあります。

郷土料理はエルチェ市内でも近郊の村々でも味わうことができます。地元の伝統的な地中海料理からインターナショナルな料理、最新の創作料理まで、幅広い選択肢の中から選ぶことができます。タパス食べ歩きをご希望なら、洗練された食材を使ったタパスを味わうことのできる人気のレストランやバルがあります。

宿泊ガイド

エルチェは安価で実用的な宿屋から贅沢なホテルまで、幅広く多様な宿泊施設があります。

エキゾチックなヤシの木の森に囲まれて過ごしてみたい、という方にはカリブ海の島々のホテルと比べても遜色ないウエルト・デル・クラホテルがお勧めです。ヤシの木の小さなジャングルに囲まれた広いガーデンスペースとプール付きのバンガロー。もし「贅沢な休息の世界遺産」があったら、ウエルト・デル・クラホテルはこの世界遺産に認定されること間違いなしです。

ハルディン・ミレニオホテルは市内から数分、密生したヤシの木農園の間に姿を見せます。宿泊客は快適で親しみやすい環境の中ゆったりと滞在することができます。ホテル内には地中海料理専門レストラン、ラ・タウラがあります。

町の中心のショッピングストリートでお買い物を楽しみたい方には、Trypホテル・シウダ・デ・エルチェが理想的です。目抜き通りのジョアン・カルレス一世通りに面しており、市役所からたったの2百メートルのところにあります。駐車場も完備されていますので、車でお越しの際にも便利です。

エルチェの人がスポーツを楽しむ運動公園やアルタビス工業団地から程近いところにアイビスホテルがあります。このホテルはアリカンテ自動車道から楽にアクセスすることができます。市内中心部からはアリカンテ通りを通ってアクセスします。

ビジネスシーンにはカルース工業団地にあるカンパニールホテルやH2ホテルが最適です。また、トレジャノに魅力的なアレカホテルがあります。トレジャノの近くにはエル・アルテット空港、アリカンテのIFAエキシビションセンター、エルチェの工業地帯が、そしてホリデイインホテルもこの辺に位置します。

環状自動車道A-70の25キロ地点、トレジャノの入り口に二つ星ホテルASエクスプレスがあり、自動車道を外れずに休息をとることができます。インターネット、会議室などサービスが充実しています。

ラ・マリーナの国際キャンプ場では市街地から数キロの所で自然に親しみながら休暇を存分に楽しむことができます。敷地は6万平方メートル以上の広さ。ビーチから近く、一年中営業しています。

その他数々の宿屋や旅館がエルチェ市内、郊外や海辺にあります。

宿泊施設を探す